どんな学生生活だったかというと・・


臨床検査技師学校に通っていた頃、僕がどんな生活を過ごして
いたかについてです。知りたい人だけ、どーぞ!


平日は8:30から病院の検査室でパート職員として検査助手
の仕事をします。 自宅と学校の間にある総合病院の検査室で
パートの募集があったので、勉強しながら収入も入るというラ
ッキーな仕事を見つけました。


パートでも社会保障がしっかりしていたので、助かりましたが、
お給料はかなりダウンするので、生活はちょっと苦しくなる。。
でも、4年間のガマン!


職場では検査の受付や雑用がメインで、実際の検査には携われ
ないけど、病院内のしくみ、検査項目や医療用語も必然的に覚え
なくちゃならないから、だいぶ勉強に役立ちます。


さらに、学校で習う部分でわからないことがあったら、これは
もう、病院内にはDrをはじめ臨床検査の専門家が何人もいます
から・・ 


色々と助かっちゃうわけです ^^


さらに、さらに、専門書も検査室には豊富に置いてあるので、
レポートや試験時には大活躍!


ともかく、昼間は病院で仕事(&勉強もできる)をして、大体
16:00くらいに仕事を上がり、専門学校に向かいます。


通常は2限の授業(または実習)を終えて帰宅は10時から11時
くらいになってしまうので、小さい子供は出る時も帰っても寝て
いる。。


起きた顔をみられるのは日曜日と学校が休みの時だけ。
小さい子供と遊べないのはちょっと悲しい生活です。。


ともかく、朝7時に家を出て、帰りは11時という毎日が続き、
休日はレポート作成やら試験勉強で、遊ぶ暇はあまりなかった
と記憶していますが、それはそれで充実した日々だったような。


JUGEMテーマ:臨床検査技師


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

臨床検査の本を探す

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM