臨床検査技師の仕事


臨床検査といっても、仕事は多岐にわたります。


病院での仕事としては「検体検査」と「生理機能検査」に大別
できるかと思います。 というか、そうなっている病院が多い
です。


検体検査
名前からなんとなくイメージも湧きやすいと思いますが、まあ
血液やら尿、便、組織、細胞などの患者さんの体内から採取さ
れたものを検査します。

と、簡単に書きましたが、検査の項目は膨大で、検査を行うた
めの検査室もいくつかに分かれている施設が多いと思います。


簡単な検査内容は・・。

^貳霧〆
主に尿や便、穿刺液、骨髄液などの検査や寄生虫の検査もここ
で行う病院が多いかも。。

血液検査
赤血球や白血球、血小板などの血液に含まれる細胞成分の量や
異常がないか、血液がちゃんと固まるか(凝固といいます)?
といった、主に貧血や血液の病気について調べます。

生化学検査
血液の中でも液体の部分(血清とか血漿)が主な検査の対象に
なります。肝臓や腎臓、膵臓など各臓器の機能や病気について
調べたりします。

ぬ髪峺〆
免疫関連に関する検査を行います。対象は血液中の成分となる
ことが多いのですが、最近は生化学検査と同じ機械で検査がで
きちゃったりすることも多いので、免疫検査と生化学検査の境
が曖昧になっているかもです。
輸血の検査もここで行なっていることが多いと思います。

ズ拔欷〆
細菌や真菌などの感染がないか? もしあった場合は、どんな
抗生物質が効果があるのか? を中心に検査をするところ。

ι騨検査
手術などで取り出された臓器や組織、細胞を顕微鏡で検査する
部屋なのですが、臨床検査技師の役割は顕微鏡で診るために、
スライドをつくることが主な仕事です。 細胞診断士の資格を
持つと、癌の診断など重要な仕事にも携わります。


生理機能検査

検体検査が体から取り出された(採取された)ものを対象とする
検査に対し、生理機能検査は患者さんの体の外から直接的に行う
検査です。

/甘顛
心臓から発せられる微弱な電気信号を記録する検査で、不整脈や
狭心症、心筋梗塞など心臓の病気がないか検査します。 短時間
記録するものから、丸1日記録する検査、ベルトコンベアーの上
を歩いたり自転車のペダルをこぎながら記録するものもあります。

脳波検査
脳から発せられる微弱な電気信号を記録する検査で、てんかん等
の脳の異常を検査します。脳死判定の一つとして、用いられたり
することもあります。

8撞杁’集〆
肺活量でおなじみの肺の機能を検査します。

つ恐伺噺〆
超音波を使い体内を画像化して検査します。 超音波検査は高い
技術と知識が求められる専門性の高い検査で、細胞診と同じよう
に認定資格制度があったりします。

ゼУざμ腸菫検査
いわゆるMRIです。超音波検査と同様に放射線を使わない画像
検査なので、臨床検査技師も行える検査です。

Υ稍豸〆
眼の中の写真を撮影する検査で、動脈硬化、緑内障、網膜剥離、
出血などを検査します。

Г修梁召砲
聴力や平衡機能、代謝検査、サーモグラフィ・・
色々な検査があります。ちなみに血液の検査を行うための採血に
ついても臨床検査技師が行っている病院が増えています。


このように、病院だけでみても臨床検査技師の仕事は非常に多く、
そして高い専門性が求められる職種の一つなんですねぇ。。


JUGEMテーマ:臨床検査技師


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

臨床検査の本を探す

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM