医動物学 Medical Zoology 総論的なところ

 
医動物学で取り扱うところ。。
 
1.人体寄生虫学
  原虫類
   根足虫類(アメーバ)
   鞭毛虫類(トリコモナス)
   胞子虫類(マラリア)
   繊毛虫類(バランチジウム)
  蠕虫類
   線形動物(線虫)
   扁形動物(吸虫、条虫)

2.衛生動物学
 
 
医動物学で知っていなくちゃならない用語等。
 
 
寄生(parasitism)寄生体によって宿主(host)が害を
受けている場合を真の寄生、宿主が寄生体によって害を
受けていないものは共生(symbiosis

 
 
宿主と寄生体の間には特異性がある場合が多く、限られた
宿主にしか寄生しない宿主特異性のあるものや、特定の臓
器や組織に寄生する組織・臓器特異性をもつ寄生体もいる。

 
 
体内で寄生虫が増殖あるいは成虫に発育できる宿主を固有
宿主
(⇔ 非固有宿主)、寄生虫の生活史の中で有性生殖
が行われる宿主を終宿主、幼虫が一定の発育を行う(ある
いは幼生生殖が行われる)宿主は、中間宿主と呼ばれる。

 
 
中間宿主と終宿主の間に介在し、必ずしも必要不可欠では
ない宿主(待機宿主)なんてものもあったりする。

 
 
寄生虫の生息場所は種によってほぼ決まっているけど、
たまに本来の場所と異なる場所に行ってしまうことがあり、
これを迷入異所寄生といったり。。

 

ヒトが固有宿主でない寄生虫の感染型がヒトに入ってしま
い、幼虫が成虫になれないまま体内を移動して、症状を引
き起こす症候群を幼虫移行症という。幼虫移行症を引き起
こす寄生虫の種類は多く(代表的なものにイヌ回虫や顎口
虫などがある)、ヒトの皮内や皮下、さまざまな臓器に幼
虫移行症を引き起こす。

 
 
 
感染症としての医動物学
 
寄生虫症は感染症の一つなので、細菌やウイルス同様に感染
原や感染経路、伝播方式についても理解をしておく必要があ
る。 ただし、微生物や免疫でもでてくる部分なので、さら
っとだけ。

 
 
寄生虫症の感染経路に関しては、経口感染・経皮感染・胎盤
感染がほとんどで、飛沫感染は考えなくていいのではないで
しょうか。あと、性感染症(STD)に分類されるもの、AID
S
等の免疫不全に際して日和見感染を起こす種もある。
 
 
ということで、この感染源や経路(媒介者vector)、STDか
どうかは各論でチェックするポイントの一つ
となるかと思い
ます。また、寄生虫症は気候や中間宿主の存在に左右される
ことが往々にあるため、ある地域に集中して日常的に発生し
ていることも多く、風土病・地方病化している傾向にあるの
で、発生地域も重要になりますか。
 
 
あ、感染症の分類も押えておくとイイかも。
 
1〜3類に相当するような超危険性の高い寄生虫はさすがに
ないようです。

4類 エキノコックス症、マラリア
5類 アメーバ赤痢、クリプトスポリジウム症、ジアルジア症
(※ 感染症の分類は変更があるので注意!)
 

各論で大切な医動物
 
原虫 
赤痢アメーバ 大腸アメーバ 大腸バランチジウム ランブル
鞭毛虫 
膣トリコモナス トリパノソーマ リーシュマニア 
クリプトスポリジウム トキソプラズマ マラリア ニューモ
シスチス

 
蠕虫
回虫(ブタ、イヌ、ネコ含む) アニサキス 蟯虫 鉤虫 東
洋毛様線虫
 広東住血線虫 糞線虫 有棘顎口虫 糸状虫 
毛虫 
鞭虫 旋尾線虫
広東裂頭条虫、日本海裂頭条虫 マンソン裂頭条虫 無鉤条虫
有鉤条虫
 単包条虫、多包条虫 小型条虫、縮小条虫、瓜実条
虫、多頭条虫、有線条虫

日本住血吸虫 マンソン住血吸虫 ビルハルツ住血吸虫 肝吸
 横川吸虫 ウエステルマン肺吸虫 宮崎肺吸虫 肝蛭
 
衛生動物
ダニ シラミ ノミ 蚊 ハエ ハチ ゴキブリ ムカデ 毒
蛇 ネズミ


というところでしょうか。。

JUGEMテーマ:臨床検査技師

関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

臨床検査の本を探す

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM